塗装屋ブログ

瓦屋根とスレート屋根のメンテナンス方法の違い

2022.1.12

瓦屋根とスレート屋根でメンテナンス方法が違う?

近年、屋根材の中でも人気の高い屋根材である、スレート屋根と瓦屋根。新築で住宅を建てるときや葺き替え時にどちらにするか迷う方も多いようです。

しかし、この2つの屋根材は材質や特性が違うのでメンテナンス方法にも違いが出てきます。その屋根材に合ったメンテナンス方法を知らず、誤ったメンテナンスをしていると屋根材の本来持っている耐久力を活かすことができず、劣化を早めてしまう恐れがあります。

せっかくの屋根材、長く使いたいですよね。今回はそんな瓦屋根とスレート屋根それぞれの特徴とメンテナンス方法をご紹介します!

瓦屋根とスレート屋根の特徴

瓦屋根、スレート屋根には以下の特徴があります。

瓦屋根の特徴

日本瓦の屋根

瓦屋根には日本瓦、セメント瓦、モニエル瓦などがあります。日本瓦は頑丈で、耐久性、耐水性に優れた屋根材です。平均50~60年の耐久性があるとされており、屋根材で最も持久力があると言っていいかもしれません。一方で重さがあるので、耐震性は低いことが難点です。

セメント瓦、モニエル瓦は、日本瓦に比べてデザイン性も高く、モダンな印象を与えることができるため近年人気の高い屋根材です。セメントやコンクリートからできており、日本瓦と比べて軽いことが特徴です。

スレート屋根の特徴

スレート屋根

薄型の粘土瓦で、スレート瓦と言われることもあります。その特徴はスタイリッシュな印象と瓦と比べて軽量なため耐震性に優れている点です。しかし、薄型なぶん、耐久性が高くなく、ひび割れや破損などのトラブルを起こしやすい屋根材です。耐水性も低いため、雨水による影響を受けやすく、コケや色褪せになりやすいという点もあります。

また、屋根の上から新しい屋根を被せる屋根カバー工法が適応できない屋根材となります。スレート屋根からの屋根リフォームをお考えの方は屋根塗装または葺き替え工事が適応となります。

当社は塗装の知識と経験のあるスタッフが無料相談を行なっております。是非一度ご相談ください。

→無料相談はこちら

瓦屋根とスレート屋根のメンテナンス方法の違い

では、瓦屋根とスレート屋根の特徴を踏まえてメンテナンス方法の違いを見ていきましょう。

瓦屋根のメンテナンス方法

①日本瓦の場合

瓦自体のメンテナンスはあまり必要なく、屋根塗装の必要性はありません。しかし、瓦同士を接着する漆喰のメンテナンスは必須となります。瓦自体が50年前後の耐久年数があるとされているのに対し、漆喰は20年ほど経過すると剥がれたり、やつれてきてしまいます。そのため、定期的に漆喰を点検し、手入れをする必要があります。劣化した漆喰を放置していると、瓦の下にある葺き土が雨水に侵食されてしまい、気がついた時には全体に広がってしまっていた、なんて事態に繋がることもあります。

そんな事態を避けるためにも漆喰のメンテナンスを必ず行うこと。これが日本瓦の耐久性を活かすポイントとなります。

→瓦・漆喰についてはこちら

②セメント瓦・モニエル瓦の場合

日本瓦と同じ瓦の種類であるセメント瓦・モニエル瓦ですが、セメントとモニエル瓦の場合はメンテナンスの必要があります。その理由は材質の違いにあります。日本瓦は粘土を焼き上げており、その表面は陶器質のため耐水性があるのですが、セメント瓦・モニエル瓦は瓦そのものに耐水性はありません。セメントやコンクリートは水分を吸収してしまい、中からカルシウムが溶け出してしまい、スカスカになってしまいます。そのためセメント瓦やモニエル瓦には防水のための塗料が塗ってあるのです。この塗料は時が経つにつれで劣化してしまうので、少なくとも10年に一度は塗装の必要があります。

③スレート屋根のメンテナンス方法

台風で壊れた屋根

スレート屋根は10年に1度はメンテナンスの必要があります。その理由はスレート屋根自体には耐水性がなく、塗装が劣化すると屋根材がダイレクトにダメージを受けてしまうからです。

瓦屋根と比較し、薄いので割れやすいというデメリットも抱えているので、メンテナンスを怠ってしまうと、気がついたら割れていた、ヒビが入ってしまったなどのトラブルを起こす可能性を高めてしまいます。

また、耐久性が低いため、台風などの自然災害に弱いという点も注意が必要です。台風接近の後は屋根修理や雨漏り修理などのご依頼を多く受けますため、混雑状況によってはご希望の時間にお伺いできないことがございます。台風後は特にお早めにご連絡ください。

→お問い合わせはこちら

まとめ

屋根材にはそれぞれの特徴に合ったメンテナンス方法があります。ネットにもたくさんの情報は載っていますが、結論から言うとネットの情報を鵜呑みにすることはお勧めしません。屋根の劣化具合などによって適切な対処方法が異なるからです。一番確実なのは、経験のある、信頼のできる業者にしっかりと点検してもらって適切な工事を提案してもらうことです。

当社は無料で相談・点検を実施させていただいております!点検をしたからといって無理に営業をしたり、後で相談費や出張費を請求をすることはありませんので、迷っている方は是非一度ご相談いただければと思います。

お見積りのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

スタッフ写真

世田谷区の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

【(株)とどろき建装】
https://todorokikensou.jp/
住所:東京都世田谷区等々力2−32−14−3F

お問い合わせ窓口:0120-4116-10
(9:00〜18:00 日曜、祝日定休)

対応エリア:世田谷区、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績 https://todorokikensou.jp/case/
お客様の声 https://todorokikensou.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://todorokikensou.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://todorokikensou.jp/contact/


地元密着で安心施工

世田谷区のお客様の声